このガジェットでエラーが発生しました

2011年10月22日土曜日

「いま、ここで表現すること」林央子×小金沢健人(アーティスト)




Ginza ignitionは、月曜日の夜に銀座で開催する刺激的なトークサロンです。

11月7日は、
編集者で、『拡張するファッション』著者の林央子さんが、
いま、気になるアーティストと対話するシリーズ『いま、ここで表現すること』です。

今回は、アーティストの小金沢健人さんをお相手にお迎えします。

ベルリンを拠点に、世界各地で作品を制作発表されている小金沢さん。
映像やインスタレーション、ドローイングなど、さまざまな媒体・手法で表現をされていますが、
今回は描いた絵をライブで動かすパフォーマンスを行います。

~本に書けなかったこと、絵を描き直すこと~をテーマに、
お2人のトークにくわえて、
“小金沢さんのパフォーマンスと林さんの朗読”という、
まさに、「いま、ここ」でしか体験できない内容を予定しています!

ぜひ、この時間を一緒に共有しましょう。
・・・・・・・・・・・・
■日時: 11月7日(月)19:30オープン/20:00スタート/21:30クローズ
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F
■料金:1300円(お茶付き)
■お申込み
ignition.gallery@gmail.com
上記メールアドレスに、
件名を「いまここ」とし、
お名前、ご連絡先、ご予約人数、ご職業を明記の上、
メールをお送りください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

■小金沢健人さんの最近の展示
あいちトリエンナーレ2010
《Forgotten ears》《Paint it Black, and Erase》

ICC 『みえないちから』
《ほこり》2010年,《拡張の瞬間の持続》2010年

六本木クロッシング2010展

神奈川県民ホールギャラリー『あれとこれのあいだ』

2011年10月20日木曜日

【会期変更になりました!】むらたさき Saki MURATA picture book Exhibition『かばのうた』




むらたさきさんの絵本個展『かばのうた』を開催します!

絵本「かばのうた」は、
おちょやまどうぶつえんにやってきた、
おじいさんかば“べべ”のおはなし
です。

絵本「かばのうた」の販売はもちろん、
原画の展示やジオラマなど、
「かばのうた」の世界を立体的に表現した展示となります。

また、
ポストカードやエコバックなどのオリジナルグッズの販売、
春に旅したインドの写真集も展示。

イラストレーターで読者モデルとしても大活躍中のむらたさきさんが、
絵本作家としてのぞむ個展です。
みなさん、お見逃しなく!
・・・・・・・・・・・・・・・
■開催期間:10月31日(月)~11月13日(日)

■営業時間
平日:12時~15時30分、17時30分~23時
土日:12時~23時
*11月2日(水)、3日(木)、5日(土)は貸切パーティーがあるため、
12時~15時30分、22時~24時の営業になります!こちらの都合でご迷惑をおかけして申し訳ございません。どうかご了承頂けたらと思います。

■場所
ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所
東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F

■むらたさきさんについて

イラストレーター/絵本作家
1983年 生まれ
幼児教育学科卒業

おひさまや、みどり、
すきなもの、すきなひとに囲まれて暮らすなか、
日々、そのことに感謝しながら、
ニッコリ、ほっこり、ハッピーな絵を描いています。

works (illustration)
non.no/SEDA/mina/SPRiNG
Anecan/eyeco/JACK
HAIR MODE/ビーチガール
赤すぐ/サンキュ/じゃらん/ポポロ
住友生命パンフレット etc.

オフィシャルブログ

web shop

2011年10月18日火曜日

横浜聡子監督トークショー 映画『真夜中からとびうつれ』『おばあちゃん女の子』について




「ウルトラミラクルラブストーリー」で驚きと感動の嵐を呼んだ横浜聡子監督が、
こっそり撮影していたまさかの最・新・作!
純度100%の感性で描きだす珠玉の2本が、待望の同時公開!!
公式サイトより)

横浜聡子監督の最新作『真夜中からとびうつれ」「おばあちゃん女の子」の2本が、
11月5日(土)~11月18日(金)の2週間、
渋谷のユーロスペースにて限定上映されます!

待望の最新作2本をより深く味わうために、
横浜聡子監督をお迎えし、『真夜中からとびうつれ』『おばあちゃん女の子』について、
語って頂くことにしました。

2作の映画化のきっかけや、タイトルの意味、
キャスティング、脚本と映像の違いなど、
横浜映画の魅力の秘密に迫りたいと思います。

公開前に監督ご本人のお話が聞ける貴重な機会ですので、
みなさんぜひ、お越しください!
・・・・・・・・
■日時:10月31日(月)19:30オープン/20:00スタート/21:15クローズ
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F
■料金:500円(飲食持込み自由)
■お申込み
ignition.gallery@gmail.com

上記メールアドレスに、
件名を「最新作×2」とし、
お名前、ご連絡先、ご予約人数、ご職業を明記の上、
メールをお送りください。

■最新作2本について

『真夜中からとびうつれ』は、
季刊雑誌「真夜中」の映画特集の連動企画としてWEBで期間限定公開され、大きな話題を呼んだ幻の最新作です。
主演の多部未華子さん、音楽の阿部海太郎さんなど、最高のキャストとスタッフが集結。
何もないところからふたたび“映画”が生まれる瞬間を、横浜監督が独自の感性で描きだしました。

『おばあちゃん女の子』は、
実は『真夜中からとびうつれ』の前年に撮られていた、横浜聡子式、夫婦の愛の物語です。
横浜監督の劇場デビュー作「ジャーマン+雨」主演の野嵜好美さんが再び主演として参加。
昨日と同じものなどなにひとつないのかもしれない、と気づかせてくれます。

mahiru個展『hitohada-fetishism』




mahiruさんの個展『
hitohada-fetishism』を開催します。

人肌フェチと公言してはばからないmahiruさん。以下、mahiruさんのコメントです。
・・・・・・・
常に自分が好きだと感じるものをかたちにしているだけで、
何か他にベースを考えているわけでは無いので、
やっぱりフェチと妄想と理想しかそこには無いです。。
自分にとって、美しい身体や空気はその人という芸術品で、
美しい身体が重なり合うセックスも芸術的な美しいもので、
ただエロスってだけで受け取られるのには抵抗があるっ
というか、エロスだ!って騒がれるだけでは嫌だなぁと常々思っているんですが、
それが伝わるといいなぁといつも思っています、、、( ´ `)
・・・・・・・
mahiruさんの“好き”をあなたはどう感じるか。
ぜひ、実物をご確認ください。

■会期:10月25日(火)~10月30日(日)
■営業時間:
平日12時~15時30分、17時30分~23時
土日12時~23時
*24日のトークショー参加者の方は、一足先に展示をご覧頂けます。

hiroko 刺繍小物展 『いつでもあなたと』




Go!GO!5 hirokoさんの刺繍小物展『いつでもあなたと』を開催します。

「刺繍のついた布を触る時、少し丁寧なあしらいをしませんか。
知らないうちに感じる小さな緊張感が、優しい身のこなしを生むような気がします。
懐かしさも感じる手刺繍の小物で、優しい気分になっていただければ・・・。」

このhirokoさんの言葉通り、hirokoさんの手作業が感じられる作品たちからは、
暖かいぬくもりが伝わってきます。

期間中、hirokoさんは残念ながら在廊できませんが、
作品に触れることで、hirokoさんを感じることができると思います。

ぜひ、多くの方にお越しいただきたいです。
・・・・・・・・・・・
■日程:10月18日(火)~10月23日(日)
*22日(土)16時~20時は貸切パーティーのため、ご入場できません。ご了承ください。
■時間:
平日12時~15時30分、17時30分~22時
土日12時~22時
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F

*作品の販売は、10月22日(土)、23日(日)の2日間限定となります。ご了承ください。

2011年10月13日木曜日

「いま、ここで表現すること」林央子×谷口真人(現代アート作家)




Ginza ignitionは、月曜日に開催するクリエイターのための刺激的なトークサロンです。

10月24日は、編集者で、『拡張するファッション』著者の林央子さんに聞き手になって頂き、林さんがいま、気になる現代アート作家、
谷口真人さんのクリエーションの秘密に迫ります。

林さんは、8月19日から9月30日までLamp harajukuで開催されていた谷口真人展「Summer2011」をご覧になってとても刺激をうけられ、それが、今回のトークを開催するきっかけとなりました。


(写真:森本美絵)


当日は、谷口さんのこれまでの作品

○芸大先端大学院のときの作品
○来来、高橋コレクション、SUNDAY ISSUEの個展「アニメ」
○Lamp harajukuの「Summer2011」

これらを拝見しながら、
展示する空間・場所へのこだわり(とくにLamp harajuku)や、
こうした作品群を生んだことへの自分のなかの制作動機についてなど(来来からアニメ展までの一つの流れ)を、林さんに聞いて頂きます。

そこから、
今、日本で「現代アート」を制作するということは何なのか、という谷口さんのお考えと、林さんの取材してきた海外と日本における状況の違い、などなど、意見を交わして頂けたらと思っています。

このトークが、「いま、ここで表現すること」の意味を、今一度考えてみるきっかけになればと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・
■日時:10月24日(月)19:30オープン/20:00スタート/21:30クローズ
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F
■最寄駅:JR新橋駅 銀座口/東京メトロ銀座駅 C2出口 徒歩5分
■料金:1300円(お茶付)
■定員:先着45名
■お申込み
ignition.gallery@gmail.com

上記メールアドレスに、
件名を「いまここ」とし、
お名前、ご連絡先、ご予約人数、ご職業
を明記の上、メールをお送りください。

皆さんのお越しを心よりお待ちしております!

2011年10月8日土曜日

“極道めし的めし”付き!映画『極道めし』前田哲監督&フードスタイリスト・せんるいのりこさんトークショー




公開中の映画『極道めし』。
すでに各所で話題を呼んでいる、異色のグルメ映画です。

なにが異色って、舞台はなんと刑務所!
204房に収容されている受刑者たちが、
年に一度のごちそう“おせち料理”を賭けて、
“めし自慢”バトルを繰り広げます。

思い出話に登場するホットケーキやキャベツラーメンといった、
美味しそうな絶品メニューを考案&制作されたのが、
フードスタイリストのせんるいのりこさん。

そして、とびきりグルメで泣ける刑務所ヒューマンコメディーを紡ぎだしたのは、
『ブタがいた教室』の前田哲監督。

今回は、
前田哲監督とフードスタイリストのせんるいのりこさんをお迎えして、
映画化のきっかけ、映画に込めた思い、ここだけの裏話、
そして、物語の重要なカギとなる料理について、お聞きします!

くわえて、今作は“めし”がテーマなので、
トークショーにも“極道めし的めし”をご用意します!

極道めしの公式サイトには、各界からの“思い出めし”が寄稿されています。
その中から、そして映画からインスパイアされた、
「料理2品+デザートにプリン+お茶」の“極道めし的めし”をお召し上がりいただきます。

“めし”を食べて、異色の「めし映画」について深いお話を聞ける、
そんな二度美味しいトークショーに、ぜひお越しください!

*映画『極道めし』の半券をお持ちいただくと、100円オフにさせて頂きます!
・・・・・・・・・・・・・・・
■日時:10月17日(月)19時30分オープン/20時スタート/21時クローズ
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F
■料金:1500円(料理2品+デザートのプリン+お茶付)
■定員:先着35名
■お申込み:
ignition.gallery@gmail.com

上記メールアドレスに、
件名を『極道めし』として、
お名前、ご連絡先、ご予約人数、ご職業を明記の上、
メールをお送りください。




©2011『極道めし』製作委員会 ©土山しげる/双葉社

2011年10月7日金曜日

mashi-mi どうぶつ隈取展 “Experience”




mashi-miさんのどうぶつ隈取展“Experience"を開催します。

mashi-miさんは、『どうぶつ隈取』というフリーペーパーを製作していたり、
昭和の漫才師さんを消しゴムハンコで彫っていたりするアーティストです。

その独特の世界観をさまざまな場所で展示し、表現していますが、
今回は、mashi-miさんにとっても、初めての展示内容になります。
以下、mashi-miさんの言葉です。
・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、Experience(体験)をテーマにした展示です。
あなたの顔に、どうぶつ隈取を投影します。
そして貴方は、どうぶつ歌舞伎役者に変身。
この秋、日本の文化にちょこっと触れてみ
るのはいかがでしょうか? この展示では、
どうぶつ隈取をいろいろな形で体験でます。

どうぶつ隈取とは?
歌舞伎のメイク隈取(くまどり) と動物を
掛け合わせたものです。
歌舞伎の隈取は、人間の顔にかたちを想定
したものなので基本的には人間にしか用い
ないのですが、動物だけが出てくる歌舞伎
があって、動物の隈取をとった役者さんが
沢山出てきたら面白いなと思い作り始めま
した。日本の文化に少しでも興味を持って
もらえるきっかけになれば、嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・
ぜひ、あなたも、どうぶつ隈取を体験しにきてください!

■展示期間:10月11日(火)~10月16日(日)
■時間:
平日12時~15時30分、17時30分~27時
土曜日12時~27時
日曜日12時~23時

*10月10日(祝)19時30分からの、
嶋浩一郎さんトークショー『LOVE文房具!』参加者の方は、
一足先に展示をご覧頂けます!

2011年10月4日火曜日

嶋浩一郎さんトークショー『LOVE文房具!』




Ginza ignitionは、月曜日の夜に開催する、刺激的なトークサロンです。

10月10日(体育の日)は、雑誌『ケトル』編集長・嶋浩一郎さんをお迎えして、
トークショー『LOVE 文房具!』を開催します。

嶋浩一郎さんは、雑誌「広告」の元編集長で、
当時発行した「文房具が教えてくれたこと」号は、文房具の魅力をあらためて伝えるとても斬新で面白いものでした(菊地敦己さんのアートディレクションも凄くいい!)。
現在は、雑誌「ケトル」編集長でクリエイティブディレクターです。

著書『嶋浩一郎のアイデアのつくり方』で、付箋の使い方、ノート・手帳の活用法、お気に入りの万年筆など、いろいろな文房具への愛を語った根っからの文房具好きである嶋さん。
テレビ東京の人気番組『TVチャンピオン』の「全国文房具通選手権」で優勝した高畑正幸氏をゲストに迎え、
文房具通のお2人に、人のクリエイティビティを引き出す最も身近なツール、文房具の魅力について語りまくって頂きます!

そして、10月15日発売の「ケトル」最新号も文房具特集です。
トークでは一足早くその内容にも触れて頂きます!
・・・・・・・・・・・・・・
■開催日:10月10日(祝日)
■時間:19:00オープン/19:30スタート/20:45クローズ
■場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
■住所:中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F
■最寄駅:JR新橋駅/東京メトロ銀座駅 徒歩5分
■料金:1000円(1drink付)

■お申込み:
ignition.gallery@gmail.com
上記メールアドレスに、
件名を『LOVE文房具!』
とし、
お名前、ご連絡先、ご予約人数、お飲み物(緑茶、ウーロン茶、発泡酒からお選び頂きます)
を明記の上、メールをお送りください。

*お席に限りがございますので、ご予約をオススメしています。

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしています!

2011年10月2日日曜日

OnlyFreePaper石崎孝多さん特別展示『Book Room』




世界初のフリーペーパー専門店『OnlyFreePaper』代表の石崎孝多さん
が、お店を離れて、ignition galleryで展示をします!

しかも、今回、フリーペーパーは展示しません!
石崎さんの蔵書から、
アートブックをメインに、ZINE、リトルプレスといった感度の高い有料誌を、
ギャラリーを「本の部屋」に見立てて展示します。

めったに目にすることができないレアな本だらけ。
ちゃんと読むこともできます!

ほんと石崎さん、本が好きなんだなぁと実感する展示になりますので、
みなさんぜひ、お越しください。

フリーペーパーとちょっと離れた石崎さん、要注目です!
・・・・・・・・・・・・
期間:10月4日(火)~10月9日(日)
時間:
平日12時~15時30分、17時30分~23時
土日12時~23時
場所:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
住所:東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル1F

*10月3日の佐々部清監督トークショー参加者の方は、
一足先に展示をご覧頂けます。